セキュリティ・コンサルタント

セキュリティ・コンサルタント

Q:インフォサイエンスの魅力は何でしょうか?

当初C言語やスクリプト言語の製品開発担当として採用されメールフィルタリングソフトの開発担当、製品の設計・導入担当など、セールス部門以外の業務をひと通り経験しました。2017年の夏、いま注目されているセキュリティの分野に特化した「サイバーセキュリティコンサルティング部門」が新設された際、リーダーに就任しました。IT業界では1つの仕事にずっと従事するケースもあり、インフォサイエンスにも長らく特定の業務を担当しているエキスパートが多くいますが、私のように自分が望めば様々な職種を経験させてもらえるのがこの会社の魅力の一つです。10年以上この会社で働いていてもマンネリを一度も感じないのは、ジョブローテーションにより常に新鮮な気持ちを持ち続けられているからでしょうね。

私のように10年以上勤務し続けている人も多く、私が入社当時にいたメンバーと今も共に仕事をしています。信頼関係を築けた仲間とはコミュニケーションもとりやすく、それはチームワークの良さにもつながり、常にいい仕事ができています。また、製品はすべて自社で開発しており、他社へ常駐する等の派遣業務がないということも社員全員が自社製品に誇りを持って働けている要素ですね。IT業界の中でも珍しいほどインフォサイエンスの離職率が低いのは、そういう仕事のやりやすさ、人間関係面でも恵まれているということに加え、働きやすい環境というのもあると思います。

あと、個人的には11年連続国内トップシェアを誇る製品『Logstorage』に関われていることも大きな魅力だと感じています。インフォサイエンスは中小規模の会社でありながら、官公庁や有名企業の製品導入など、規模が大きな仕事にも携わることができます。お客様からの要求が厳しいときもありますが、そういったプロジェクトを終えたときの達成感は格別です。一方、ニッチな分野の優良企業との仕事に携わることも少なくなく、こういう数多くの経験が幅広い提案をするにあたり、かけがえのない財産となっています。

Q:セキュリティ・コンサルタントの仕事で心掛けていることは何でしょうか?

最も大切なのは、システムに対する理解だと思います。なぜなら、何らかのセキュリティ対策を図るうえで、対象となるシステムの理解が誤っていては、不適切な提案になりかねないからです。

システムを理解するためには、幅広いテクニカルスキルと設計書等の読解能力も必要です。特にログ管理製品を扱う立場からシステムを理解するとなると、ログを収集すべき様々な製品、機器に関する知識が不可欠ですし、さらにログを安定して収集するためにネットワークやハードウェアに関する一定の知見も重要です。自らもオペレーションを実施する機会を設けたり、他人のドキュメントもある程度自力で読み解く、といった方法でテクニカルスキルの維持を心掛けています。

そして、併せて重要なのはコミュニケーション力。ヒアリングしたお客様の要望を開発者に的確に伝え、正確にリターンすることが、製品やサービスの向上につながります。弊社製品はすべて自社で開発しているため、すぐに開発者とコミュニケーションを取ることができるメリットを活かしてるので、いち早くお客様の疑問や不安を解消できるようにしています。

Q:今後、どのような仕事をしていきたいと思っていますか?

様々なセキュリティ技術や製品が世の中には数多く出回っており、特に技術的な面では日進月歩の進化を遂げています。これは同時に、サイバーアタック(攻撃側)の技術もどんどん進化しているということでもあります。どのような攻撃であっても必ずどこかに痕跡は残っています。その痕跡をログとして確保しておくことで、攻撃の有無や被害規模を把握することが可能となります。また、ログ管理は現在セキュリティ目的での利用が着目されていますが、システム運用や労務環境の改善にも役立てることができる点も合わせて訴えかけていきたいポイントです。

今までも外部のセミナーやカンファレンスに登壇し、様々なシーンで講師を務めてきましたが、ログ管理製品を扱う会社においてサイバーセキュリティの部門を任されるようになったことで、「ログ管理がサイバーセキュリティに大きく資することを世の中に知ってほしい」という想いがより強くなりました。今後も引き続きセキュリティのスペシャリストとして、ログ管理の可能性や活用法、サイバーセキュリティの重要性などを多くの方々に伝えていきたいですね。


その他のインタビュー

社員インタビューその2 TAKAYO

SEとしての経験も大いに活かせる
セールスとエンジニアの間のような特殊な仕事

社員インタビューその3 TOMOAKI

お客様目線と自分の想いをシステムに反映したい 新規事業のサービス設計担当として活躍

社員インタビューその4 HAYATO

データセンター完備だから上流から携わることができる インフラエンジニアとしてスキルアップできる環境


SPECIAL INTERVIEW

経験値や年齢、社歴に関わらずアイディアを提案&実現できる社風。
やる気があればいくらでも、スキルを磨き、成長し続けることができるエンジニアにとって最高の会社。