エンジニア

エンジニア

Q:インフォサイエンスを選んでよかったと思う点は何ですか?

もともとハードウェア関連の仕事をしていましたが、ソフトウェアの開発に携わり、技術力を向上したいという想いから、社会人3年目になるタイミングでインフォサイエンスに入社しました。

決め手となったのは、国内トップシェアを誇る製品『Logstorage』を開発しているという点でした。腰を据えて長期的な開発を行える会社や環境に身を置くことで、技術をしっかりと身に着けることができると考え、入社を決めました。

入社時は技術的な基礎知識はほとんどありませんでしたが、1年目に担当したサポート/ベンチマーク業務で身に着けることができました。サポート業務では特にネットワーク関連の各種プロトコルの知識が必要でしたし、ベンチマーク業務ではメモリ、CPU、ディスクと各機能の関連を読み解く基礎知識が必要でした。これらの基礎知識を実践の中で学ぶことができたことは本当にありがたかったですね。1年目で学んだ基礎知識はバックエンドの開発をしている今でも、非常に役立っています。

『Logstorage』は最初のバージョンをリリースしてから15年が経っている製品です。15年の間に多くのお客様にご利用頂き、たくさんのご要望を頂いておりますが、実現できていないご要望もたくさんあります。そういった尽きることのないご要望に、自身の技術力で応え、導入いただいたお客様のログ管理に貢献できる点が、現在のモチベーションにもなっています。経験と努力を重ね、過去に解決できなかった問題点を解決できた時、自分の成長を実感できますね。昨年度のリリースでは、ログの検索スピードを100倍アップさせることに成功しました。これは、今までで一番嬉しい仕事でしたね。チームワークの良さが成し遂げた成果だと思います。

Q:開発現場はどんな雰囲気ですか?

ダイバーシティという単語を最近耳にすることが多いですが、まさしく開発現場がそのような雰囲気でしょうか。多くの海外からのメンバーや幅広い年齢層の日本人エンジニアがいます。多種多様なバックグランドを持つメンバーと一緒に働いていると学ぶことが非常に多いですね。入社した頃、若くて経験がない私が質問をしても皆、快く応じてくれ、丁寧にアドバイスをくれました。今もそれは変わりません。

設備面では、マルチディスプレイ、L字型の広々としたデスク、個人パーティション……とエンジニアとしてはとても恵まれた環境です。

あと、開発現場に限らず、社内の雰囲気はいいと感じています。これは、ほとんど定時で退社でき、有給休暇もしっかり取れる社風であるため、精神的にも時間的にもゆとりがあるからかもしれません。

Q:エンジニアとしての技術向上のためにやっていることは何ですか?

朝の通勤時間を利用して、ツイッターで技術情報をチェックしています。ここで手に入れた情報は、試しに使ってみたりすることもありますね。休日に自分のための簡単なツールを作るとか……最近始めたのは、家計簿の自作です。エクセルをベースに、React、Spring Bootあたりを使っていろいろ試しています。

また、就業時間が終わった後、週1回のペースで社内の有志が集まる勉強会を開催しています。この中でも学ぶことが多いですね。私が入社して2~3年目あたりから私ともう1人のエンジニアとで始めたもので、「仕事で主に使っている開発言語(Java)と異なるパラダイムのプログラミング言語を学ぼう」というコンセプトで進めています。これまで、Scala、Python、Go、Haskellを一定期間みんなで取り組んできました。業務で利用する言語と異なるパラダイムの言語を学ぶことで、新鮮な発見や気づきがあるんですよ。勉強会は講師役を持ち回りで担当し、講義形式で進めているのですが、講師になると、自分自身がしっかり勉強をすることになるうえ、質問を受けたり返したりする中で、より知識を深めることもできます。

インフォサイエンスはオープンソース活動を推奨しているので、就業時間後や休日に外部で勉強会に参加する人もいますね。それら外部で得た情報は、各自、社内Slackにアップして共有しているので、そこから最近の技術動向の見識を深められています。

Q:インフォサイエンスで活躍できるエンジニアになるには何が必要だと思いますか?

成長意欲があって、ただ与えられた仕事だけを黙々とこなすのではない、努力を惜しまない人と一緒に働きたいですね。そういう人なら、年齢やキャリアを問わず、社内の多くの人から有益なアドバイスや協力を自然と受けられると思います。


その他のインタビュー

社員インタビューその2 TAKAYO

SEとしての経験も大いに活かせる
セールスとエンジニアの間のような特殊な仕事

社員インタビューその3KENICHIRO

これからの時代、最前線で製品を支える
注目の部署でリーダーとして活躍


SPECIAL INTERVIEW

経験値や年齢、社歴に関わらずアイディアを提案&実現できる社風。
やる気があればいくらでも、スキルを磨き、成長し続けることができるエンジニアにとって最高の会社。